架刑のアリス

由貴香織里

第7巻2017年1月6日(金)発売!!

『架刑のアリス』由貴香織里

架刑のアリス

由貴香織里

世界有数の財閥、久遠寺家。同家の月に一度のしきたり「いかれたお茶会(マッド・ティー・パーティー)」で9人の兄妹が一堂に会する中、母・織雅(オルガ)は突然告げる。「今から兄妹で殺し合いをしてほしいの」。混乱の中、理性のたがが外れた四女・ステラは、金色の髪、青い服をまとった美しき少女へと変貌を遂げる──!! さあ、「いかれたお茶会」をはじめましょう──。

第1話を試し読み
『架刑のアリス』由貴香織里

兄妹最強の長女・荊との肉弾戦に勝ち残るため、血塗れアリスに1ヵ月「身体を貸す」契約をしたステラ。その結果、ステラはアリスに乗っ取られてしまう。意識の中に閉じ込められたステラが見たものは、アリスが「血塗れアリス」になるまでの壮絶な過去だった――!! 全巻続々重版決定!不思議の国のアリスinバトルロワイヤル!兄妹同士の殺し合いに生き残るため少女が金髪、青い服の戦闘鬼に変身!

最新刊試し読み 購入する
コミックス コミックスのご購入はこちら 著者紹介 由貴香織里(ゆきかおり)

1987年「別冊花とゆめ」秋の号『夏服のエリー』(白泉社)でデビュー。 代表作に『天使禁猟区』『伯爵カインシリーズ』『人形宮廷楽団』(すべて白泉社)など。 美しく退廃的な世界観と稀代のエンターテイメント性を併せ持った作品の数々で、多くのファンを持つ。 最新作『架刑のアリス』ARIAにて絶賛連載中!

もどる