『死にたがりと雲雀(ひばり)』山中ヒコ

死にたがりと雲雀(ひばり)

山中ヒコ

時は江戸――。浪人者の朽木(くちき)が開いた寺子屋に通い始めた一人の少女・雲雀(ひばり)。雲雀は朽木の下で、学ぶことの楽しさを感じ始めるが、ある時、2人は町内の殺人事件に巻き込まれ……!? 俊英・山中ヒコが、四季折々の江戸を舞台に描く、過去を持つ男と親のない少女の、哀しくも美しい人間模様。

第1話を試し読み
『死にたがりと雲雀(ひばり)』山中ヒコ

寺子屋の師匠・朽木は、身寄りのない少女・雲雀と寄り添いながら暮らしている。しかし十年前の出来事が同心・細目との因縁を生み、さらに朽木の過去が、雲雀との生活に終止符を打とうとしていた。そして雲雀に襲いかかる事件とは……!? 「教え子を斬り殺したのでござる……。」朽木が“死にたがり”と呼ばれる所以に迫る新章突入! 浪人と少女の行く末は――?

最新刊試し読み 購入する
コミックス コミックスのご購入はこちら 著者紹介 山中ヒコ(やまなかひこ)

10月1日生まれ。切ない片思い、ヒリヒリする痛みなど、丁寧な心理描写で、少女誌、女性誌、ボーイズラブ誌と幅広く活躍中の人気漫画家。 代表作に、『王子様と灰色の日々』『500年の営み』『王子と小鳥』『丸角屋の嫁とり』他多数。

もどる